SNSマーケコラム

市場調査のやり方は?実施するメリットや種類、調査の流れを解説

マーケットリサーチとも呼ばれる市場調査は、市場動向や自社製品に対するユーザーの評価を把握するために行われる調査です。ビジネスの発展に欠かせない市場調査ですが、具体的にどのような方法で行えば良いのでしょうか。

本記事では市場調査の実施を検討している企業担当者の方へ向けて、市場調査の概要や実施するメリット、市場調査の種類ややり方、実施する流れをご紹介します。
市場調査で得られた情報は、新規参入や新製品開発にも役立ちます。
本記事を参考にして市場調査を実施し、マーケティングや企画・開発などに活かしましょう。

市場調査とは?

市場調査は、市場のトレンドや傾向、自社製品の評価や強み・弱み、競合他社の動向などを把握する目的で、自社製品のユーザーやターゲット層に対して行う調査です。
マーケットリサーチとも呼ばれます。

市場調査を実施して得た情報は、マーケティング施策や新製品の開発、新規参入などに活用可能です。ユーザーやターゲット層の声を聞くことで、より市場やユーザーのニーズに合った事業展開が行えます。

マーケティングリサーチとの違い

マーケットリサーチと混同されやすいのが、マーケティングリサーチです。

マーケットリサーチはユーザーやターゲット層を対象として調査を行いますが、マーケティングリサーチはそれに加えて、製品に関する調査や価格調査、広告調査なども実施し、自社が実施するマーケティング課題を解決するための意思決定をする目的で行われる調査を指します。

また市場調査が過去から現在の状況を把握する目的で実施されるのに対し、マーケティングリサーチは、将来の市場動向やトレンド、ユーザーのニーズなどの予測も目的として行われるのが特徴です。

マーケットリサーチはマーケティングリサーチの一部と見なされます。どちらもマーケティング戦略や企画・開発に欠かせないものです。

市場調査を実施するメリット

市場調査を実施すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。3つのメリットをご紹介します。

市場ニーズへの理解が深まる

市場調査を実施すれば、市場ニーズへの理解が深まります。

市場調査によってユーザーやターゲット層の持つニーズを知れば、ニーズを満たせるように製品を改良したり、新製品を開発したりすることが可能です。
またニーズを把握することで、新規参入で成功の可能性があるセグメントの発見にもつながるでしょう。

市場ニーズを十分に理解していれば、ターゲット層に刺さるマーケティング戦略や広報戦略を立てることも可能です。
効果的な施策を打ち出せば、新規顧客の獲得や販売促進、顧客満足度向上にもつながり、売上アップや利益アップも目指せます。

競合他社との差別化ができる

競合他社との差別化ができることも、市場調査を実施するメリットの一つです。

市場調査を実施すれば、競合他社の強み・弱み、マーケティング戦略やプロモーション戦略に関する情報も得られます。
競合他社の弱みをカバーするような製品開発を行ったり、ターゲットに対して異なるアプローチをしたりすれば、競合他社との差別化を図れるでしょう。

また競合他社の強みと自社の強みを比べることで、自社の改善点・問題点の洗い出しにもつながり、より良い製品開発ができるようになります。
競合他社の現状を把握すれば、自社がどのような戦略を立てて市場拡大を目指すべきかも見えてくるはずです。

事業展開のリスクを軽減できる

事業展開のリスクを軽減できることも、市場調査を実施するメリットです。

市場調査によって市場の動向を把握すれば、どのセグメントで勝機があるのかが見えてくるため、勝ち目がなさそうなセグメントを避けた市場展開ができます。
また需要に合わない製品開発をするリスクを軽減することも可能です。
競合他社も分析することで、競争によって負けてしまうリスクも軽減でき、損失を避けながら、効率良く売上や利益を上げられるビジネス戦略を立てられるでしょう。

市場調査の種類

市場調査は大きく2つの種類に分けられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

定量調査

定量調査とは数値化できるデータを収集し、分析を行うものです。

インターネットリサーチやアンケート調査などによって得られた数値データを分析することで、ブランドや製品の認知度、購入率、リピート率、顧客満足度などを把握できます。
数値ではっきりと結果が出るため、誰が見ても理解しやすく、客観的なデータが得られます。

ただし主観要素は含まれにくいので、回答の裏にある背景や心情が見えにくいのがデメリットです。
また精度の高い結果を得るためには、それなりの量のサンプルが必要となります。

定性調査

定性調査とは数値化できないデータを収集し、分析を行うものです。

インタビューなどを実施し、ユーザーやターゲット層と調査担当者が対話を重ねることにより、数値では見えない主観的な意見や感想、消費行動の裏にある背景や心理などを把握できます。

ユーザーやターゲット層のよりリアルな声を聞けるので、自社や自社製品への深い理解につながりますが、定量調査で得られるような客観性のある結果は期待できません。
また対象者が欲しい情報を持っていなければ、実施しても期待する情報が得られないため、対象者の選定をしっかり行う必要もあります。

市場調査の主なやり方

ここでは、市場調査の代表的な7つのやり方をご紹介します。

アンケート調査

アンケート調査は作成したアンケートに対し、ユーザーから回答をもらうやり方です。

古くから低コストで大規模に行える市場調査の方法として用いられてきました。
実施方法はいくつかありますが、代表的なものを紹介します。


郵送・FAX

郵送・FAXによるアンケート調査は、質問内容を郵送またはFAXでユーザーに送り、回答をもらうやり方です。

調査対象者は自分の好きなタイミングで回答できるので、強制されている感覚が少なく、受け入れられやすい傾向にあります。
ただし回答するかどうかは任意のため、コストを掛けても必ずしも期待するほどの情報が得られるとは限りません。

また現代はFAXがある家庭が少なくなっているので、FAXで調査を実施すると調査対象者が偏ってしまうデメリットもあります。


インターネットリサーチ

インターネットリサーチは、インターネット上でアンケートを実施するやり方です。

インターネット上で完結する調査のため、短期間で情報収集から集計、分析まで行うことができ、コストやアンケート配布の手間を掛けなくても全国から情報を集められます。
現在、アンケート調査を行う際の主流となっているやり方です。

ただし、謝礼があるインターネットリサーチの場合、謝礼を目的として正確な回答をしてもらえないケースもあります。
またインターネットの利用率は年代によって差が大きいため、調査対象に偏りが出やすいです。
高齢者を対象としている調査の場合は向かないこともあるでしょう。


電話調査

電話調査は、架電で調査対象者にアンケートの回答を求めるやり方です。

企業だけでなく、政府機関や自治体も実施している方法で、郵送によるアンケートよりも回答が得やすいやり方として用いられてきました。
リアルタイムで調査を行うため、回答の背景にある心情に関する質問ができ、補足的な情報が得やすいのがメリットです。

ただし近年は固定電話を持たない人も増えてきており、かつてより有効な情報が得にくくなっています。
携帯電話に架電して実施されるケースもありますが、電話に出てもらえない可能性も高いでしょう。


街頭調査

街頭調査は街でアンケートへの回答を求めるやり方です。

行き交う人にアンケートへの回答を求めるため、事前に対象者を選定する必要はありません。
またその場で自社や自社製品の認知度を確認することもできます。

ただし調査をする側のタイミングで回答を求めることになるので、協力を断られてしまう可能性も高いでしょう。

インタビュー調査

インタビュー調査は、インタビュアーと調査対象者が直接会話して行うやり方です。
決まりきった質問だけでなく、回答に合わせて質問を変えられるため、自社が求めている情報を得やすい傾向にあります。
従来、対面で行われるのが主流でしたが、近年はオンラインで行われることも増えてきました。

インタビュー調査の方法は主に2つに分けられます。


デプスインタビュー

デプスインタビューは、一対一で行われるインタビュー調査です。

インタビュー対象者に詳しく話を聞けるため、より詳細な情報が得られます。
ただし、調査に時間が掛かってしまう上、対象者をしっかり選定しないと情報の偏りが大きくなる傾向にあることがデメリットです。


グループインタビュー

グループインタビューは、複数の調査対象者に集まってもらって行うインタビュー調査です。

一度で複数名の意見を聞ける他、対象者同士が意見を交わし合うこともあるため、デプスインタビューでは見つけられない新たな視点を見つけられる可能性もあります。

ただしうまく話を引き出せなかったり、対象者の特性によって意見を強く主張する人、消極的な人、意見が引っ張られてしまう人などに分かれたりしてしまう可能性があるのがデメリットです。
モデレーターと呼ばれる進行役のスキルが重要となるでしょう。

会場調査

会場調査は、会場を指定して調査対象者に集まってもらい、アンケートの回答を求めたりインタビューを実施したりするやり方です。

実際に商品やサービスを体験してもらえる他、試食・試飲なども実施できるため、リアルな声を集めやすい傾向にあります。

ホームユーステスト

ホームユーステストは、自宅で製品やサービスを一定期間使用してもらった後、アンケートやインタビューを行うやり方です。

効果を感じてもらうまで、一定期間を要するような商品やサービスに関する市場調査をする際に用いられます。
しっかり使用した上で意見を聞けるため、評価点や改善点が見えやすいです。ただし実施には手間や時間が掛かります。

覆面調査

覆面調査は、ミステリーショッパーとも呼ばれるやり方です。

調査員が一般の消費者を装って店舗や施設を訪れ、実際にサービスや商品を体験して調査を実施します。
調査される店舗や施設のスタッフは、調査員が誰か分かっていないため、リアルな現状を把握できるのが特徴です。

ただし現状に即した結果を得るには、調査員であることを気づかれないように調査を行わなければなりません。
また調査員の主観的な評価になりやすい傾向にあるので、調査員の選定が重要になります。

行動観察調査

行動観察調査は、顧客観察調査・ショップアロング調査とも呼ばれるやり方です。

店舗や施設で、ユーザーが商品の購入やサービスを利用する様子を調査員が観察し、購入後・利用後にインタビューやアンケートを実施します。
どういった心理で商品の購入やサービスの利用を行ったのか、反対になぜ購入や利用に至らなかったのかも調査できるのが特徴です。

ユーザーの意思決定において、どういった心理が働いているのかが把握できるため、潜在ユーザーへのアプローチにも活かせるでしょう。

訪問観察調査

訪問観察調査は、調査対象となる商品やサービスを利用している家庭を訪問して、商品やサービスの利用実態を観察し、アンケートやインタビューを行うやり方です。
行動観察調査の一種として見なされることもあります。

商品やサービスの使い心地や評価に対するリアルな声が聞ける上、実際に商品やサービスを利用するユーザーがどういった環境で生活しているか、商品・サービスがどのように活用されているかを把握することも可能です。
より実情に合った評価点や改善点、問題点を洗い出しやすいでしょう。

市場調査の流れを4STEPで解説

最後に市場調査を実施する流れを4STEPでご紹介するので、実施の際の参考にしてみてください。

STEP1. 実施目的を明確にする

まずは実施目的を明確にしましょう。

目的が明確でなければ、市場調査を実施しても実施の方向性がずれてしまい、求める情報や結果を得られません。
調査によってどのような課題を解決したいのか、何に活かしたいかを考え、しっかりと目標を定めることが大切です。

STEP 2. 調査設計を行う

目的が決まったら、調査設計を行います。

調査設計とは、市場調査に掛ける時間や予算、調査対象者、やり方、質問項目などを決め、計画を立てるプロセスです。
実施目的に合わせ、細かく計画を立てましょう。

すでに実施された情報の中から使えそうな情報を収集する「デスクリサーチ」を行えば、調査する項目を絞ることもできます。

STEP 3. 調査を実施し、結果の分析を行う

調査設計を立てたらそれに沿って調査を実施し、調査が完了したら結果を集計して分析を行いましょう。

分析した結果から課題や改善点を洗い出す際は、多角的に情報を見て、さまざまな視点から分析を行うことが大切です。
ただ単にデータを集計・分析してまとめるのではなく、目的に合わせてどのようにデータを活用するのかを検討しながらまとめれば、次の段階でデータを有効活用しやすくなります。

STEP 4. 結果に基づいた意思決定を行う

最後に分析結果に基づいて、意思決定を行います。

例えば、分析結果で得られた自社製品の問題点や改善点を基にすれば、製品改良や新製品の開発など具体的なアクションを取ることが可能です。
市場調査を実施しただけで終わらせないためには、最初の目的設定が非常に重要になります。

リアルな声を拾うならソーシャルリスニングの活用もおすすめ

本記事では市場調査の概要や実施するメリット、市場調査の種類ややり方、実施する流れをご紹介しました。
市場調査は市場動向やユーザー・ターゲットのニーズを探るのに欠かせません。

効果的な市場調査を行うには、目的を明確に定め、目的に合った調査設計を行って、結果を多角的に分析することが大切です。
実施目的に沿って必要なデータの取得が見込めるやり方を選んで実施し、分析結果をビジネスの発展に活かしましょう。

効率的にユーザーのよりリアルな声を集めたいなら、SNSから集めた情報を分析するソーシャルリスニングツールの活用もおすすめです。
ソーシャルリスニングツールを活用すれば、インタビューやアンケートといったやり方ではなかなか得られない、忖度のないユーザーのリアルな声を収集できます。

SNSに加え、ブログや掲示板、ニュース、口コミサイトに対応した「Quid Monitor(旧NetBase)」は、定量・定性分析ができる機能が充実したソーシャルリスニングツールです。
膨大なデータをリアルタイムで分析できるため、スピーディーな意思決定にも活かせます。
無料デモも受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。

Quid Monitor(旧NetBase)の詳細・資料ダウンロードはこちら
Quid Compete(旧Rival IQ)の詳細・資料ダウンロードはこちら
現在、関連する記事はありません

SNS分析ツールなら
Quid Monitor

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
はこちら

お問い合わせ
資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロード
はこちら

資料ダウンロード